本気でカメラを始めたら良いことあるよ ♪ というお話

みなさん写真撮っていますか?

 

日々の記録や家族、友人たちとの思い出、きれいな景色や気になる風景。心にとまったたくさんの瞬間を切り取り、あつめて大切に保管する。スマホでもきれいな写真は撮れるけど、もっと良い写真が撮りたいとか、SNSを見てこんな風に撮ってみたいと感じたことはありませんか?

 

「写真をもっとうまく撮れるようになりたい」

 

「カメラを趣味にすると楽しそう」

 

「なにか趣味を始めてみたい」

 

どんな理由でもOKです!私自身も空の写真をきれいに撮りたいなぁという軽い気持ちから「写ルンです」でスタートしました。そこからマイペースに写真を撮り始めてもう26年近く経っていますが、いまだに写真やカメラに携わる人生を送っています。

 

少しでもカメラや写真のことが気になる人へ、カメラを始めるとこんな良いことがありますよというお話です。

カメラ趣味

カメラを趣味にすると良いこと その①

◉ 楽しく勉強しながら上達できる

 

カメラを始めると露出、構図、カメラの機能など勉強をすることがたくさん出てきます。やっぱりカメラってむずかしいんじゃないの?って思うかもしれません。でも勉強嫌いな人でも大丈夫です。今のデジカメは性能がとても良いので、買ったその日からシャッターを押すだけできれいな写真を撮ることができます。それからこんな風に撮ってみたい、もっとこうしたいという欲望が生まれればそれを一つづつクリアしていくだけです。無理なく始められてマイペースに少しづつステップアップしていけるのがカメラの良いところです。思うように写真が撮れるようになれば、撮影をすることがどんどん楽しくなってきます。ガチガチに勉強をしなくても知らない間に写真技術が身についていた。ということになります。

カメラを趣味にすると良いこと その②

◉ 人とのコミュニケーションツールになる

 

カメラを始めると良い写真が撮れたら誰かに見せたくなります。まずは身近な人に写真を見てもらいましょう。そこから会話が生まれたり、人に見せることで新しい発見があるかもしれません。写真を外側へ発信するようになると人とのコミュニケーションが生まれてきます。

 

私がカメラをやり出した頃はインターネットは普及していなかった時代なので、撮りためた写真を作品としてまとめてイベントで発表したり、展示させてもらったりしました。そこで出会った人とまた一緒に写真展をしたり、撮影の依頼を受けたりと写真を通して横の繋がりがどんどん広がっていきました。今ならインターネットが普及しているのでSNSで写真を投稿してみたり、自分のホームページを立ち上げてみたりして写真を通して人との繋がりを作ることは気軽にできますね。友人から「今度写真撮って!」なんて依頼もくるかもしれません。写真を発表することで世界が広がることは間違いありません。

カメラ趣味

カメラを趣味にすると良いこと その③

◉健康を維持することができる(ダイエットにも!)

 

写真を撮りに出歩くことが多くなるので、必然的に歩く歩数が多くなります。これまで休みの日は家に閉じこもりっきりだった人でも、あちこちに撮影計画を立てて出歩くことになります。その結果、健康維持とうまくいけばダイエット効果も期待できるかもしれません。私は出歩くと何か美味しいものを食べてしまうので逆効果ですが…

出歩くことが多くなると、普段気にしていなかった木々や花といった自然に目がいくので季節の移ろいを肌で感じられるようになり、ストレスの発散にもなります。

カメラ趣味

カメラを趣味にすることで起こるデメリットもあります

良いことばかりでもありません。怖いお話をこれからします。カメラを趣味にしている人の中には「沼の住人」と呼ばれる人が存在します。それは

 

レンズ沼です。

 

これは手持ちのレンズでは飽き足らず、理想のレンズを求めていろんなレンズを買い漁ってしまう状態のことを言います。この沼に足を踏み入れると抜け出すことができず、それはもう大変なことになってしまうんですね。

 

なかには50mmレンズばかり集めている人もいたりして、癖(へき)と言っても過言ではない状態です。カメラ屋のことを「みんなの防湿庫」と呼び、手持ちのいらなくなったレンズを買取に出しては新しいレンズを購入するという無限ループを繰り返します。しかし沼の住人のかたたちはその無限ループを自身のサイトやYou Tubeで紹介したりととても楽しませてくれる存在です。

 

 

というわけで、カメラを趣味にすると世界が広がり、人生が豊かになることは間違いありません。撮った写真を数年後に見返しても、その時の思い出が蘇り癒しになったり、また頑張ってみようかなと前向きになれることもあります。そして何よりカメラは年を取っても続けられる趣味です。私の知っているご年配のカメラを趣味にしている方達はとても健康で生き生きとされています。高価なカメラもありますが、お手頃な価格のカメラから購入して軽い気持ちで始めてみてください。きっとそれは新しい世界への入り口になると思います。

お問合せ
査定はこちら

Contact Us

    メールフォームでの査定はこちら

    新同品美品並品やや難あり故障品

    他店の査定結果の書類を添付くだされば、それ以上の査定を出すように頑張ります!